北海観光節富良野・美瑛特集富良野・美瑛 渋滞抜け道マップ

これが有名な富良野の渋滞です。


中富良野町鹿討付近。手前-基線道路,奥-国道237号。ファーム富田へ向かう車が富良野市街まで延々と続く。(2003.7.20,13:46)


中富良野市街の国道S字カープ。国道から分岐しファーム富田へ向かう渋滞の列も見えている。渋滞緩和のため,国道の旭川側からは右折できないことがある。(2003.7.20,10:44)

国道237号中富良野市街。夕方からは逆方向が渋滞する。(2003.7.20,12:56) 国道237号中富良野から富良野方面を見る。(2003.7.20,13:28)

 

基線道路弘照寺付近。(2003.7.20,13:08) 基線道路富良野方面を見る。(2003.7.20,13:16)


ファーム富田付近。混乱する三叉路。(2003.7.20,11:31)


道道135号富芦道路と国道の交点。渋滞は富良野市街を越えて,桂沢,芦別方面まで続くことがある。(2001.7.21,13:19)

富良野ジャム園の渋滞。その他,麓郷の森,石の家への分岐路付近で渋滞する。2002年9月の「北の国から」最終回直後は麓郷街道が渋滞したという。(2003.7.21,15:22)

日ごろ寂しい場所で生活していると,人がたくさん集まるということに大きな喜びを感じる。だから田舎の人は祭りが好きである。
さあ,待ちに待ってたラベンダー祭り,西の国から東から,北の空から南の海も,越えて富良野へどんときた
と,富良野の道路に車がずらりと並べば,心ときめき胸はずむのである。これはおそらく都会の人にはわからぬ感覚であろう。

しかしほかにも道路はたくさんあるのに,なぜ特定の道路だけが渋滞するのか,地元の人間からすると不思議である。渋滞に巻き込まれた人は「富良野はもうだめだ」と言い,最後には「東京の渋滞に比べればたいしたことはない」と負け惜しみを言って帰っていく。これは大変残念なことである。渋滞を避けるため時期はずしたり,日が暮れてから行くのもまたもったいない。せっかくであればいちばん良いところを見てほしい。

ともかく道さえ知っていれば渋滞とは無縁で観光できるのである。富良野・美瑛で良い思い出を作ってほしく思い,「富良野・美瑛渋滞抜け道マップ」を作成した。

 北海観光節富良野・美瑛特集富良野・美瑛 渋滞抜け道マップ